葬儀の多様性

近年の費用相場について

葬儀には様々な費用がかかります。まず、葬儀そのものにかかる費用で、一般的なプランの費用のことです。最低限必要となる棺や祭壇といった費用のほか、会場使用料を含むケースも増えています。このプラン費用は近年価格競争によって下落しており、100〜150万円程度に抑える方が増えています。 しかし、一般的なプランには含まれない費用があります。火葬費用がその代表的な例ですが、そのほかにも料理や返礼品など会葬者の人数によって大きくことなる費用もあります。また、日本では仏教で行われる場合が最も多いですが、寺院など宗教者へ支払う費用が大きいことはあまり知られていません。費用相場が難しいところもありますが、こうした宗教者への支払いでも30〜50万円程度は見ておいた方がよいでしょう。

葬儀にはお金をかけない方が増加

先述近年、葬儀プランの価格競争が進んでいることは先述しましたが、葬儀にはお金をかけたくないという方が増加しているのも大きな特徴です。古くは、棺・祭壇・供花に気を配り、参列者が「立派な葬式だった」とこぼすほどにお金をかけることもありました。一方で近年は予算がないと切実にこぼす方がいることも確かですが、形式にとらわれず、思い思いの方法で見送ることで納得する遺族も多いようです。 また、お金をかけないという点では、宗教者に支払う費用も変化しています。菩提寺との付き合いが希薄化していることもあり、僧侶の手配も葬儀社に依頼するという方が増えているのです。費用が明確であるのが大きな理由となっています。ただし、既にお墓の用意がある場合は菩提寺との連携は不可欠です。菩提寺意外に依頼するとお墓に入れないといったトラブルもあるので注意も必要です。